ヒマラヤの雪男・イエティの正体がクマだっただなんて……

アメリカの研究者がヒマラヤの雪男・イエティのものとされている骨や歯を遺伝学的証拠を収集して調べた結果クマだったことが判明したそうです。各地にあるイエティのものとされているのもクマのものだっだそうです。現代の科学技術が進んだ結果今まで不明だったことが分かるようになって科学的には素晴らしいことだとおもいます。イエティに興味があったので、クマだという説があることは知っていましたけど、クマだと断定されるとなんだか寂しいような気がします。雪男・イエティは伝説というかファンタジーというか現実離れしたもので、一体何のだろうか、もしかしたら人知れず氷河時代からずーっと生き残ってきたのかもといろいろ想像するのが楽しみでした。科学が進んだことによって今回のイエティだけでなく、ほかのUMAの正体も分かってくるのでしょうけど、どこか分からないままの不思議な存在のままにしておいて欲しいなと思いました。でも、ヒマラヤは広大なので、どこかにクマじゃない本物のイエティがいるかもしれないじゃないって思ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です