果たして彼にはそれほどの価値があるのだろうか。

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が契約更改に挑み170万円ダウンの1830万円(推定)で更改した。だけど、この契約には疑問符が付く。なぜなら、ほとんど活躍してない選手に170万円ダウンとは言えこれはダウンしてないとおなじです。それに、トレードで放出してもおかしくない成績にもかかわらず日ハム球団は契約をした。球団首脳陣や監督やフロントの意見もあるだろうが、おそらくは斎藤佑樹は将来のファイターズの幹部候補生なので、無理してでも日ハム球団としては球団に残ってほしいため、なんだかんだ契約する。それも本来ならば大幅減額でもおかしくない金額提示してもよさそうだけど、そこもちょうど斎藤佑樹が保留しない文句の言えない金額提示なので球団は実に上手く契約したと思う。さて、肝心の斎藤佑樹ですが、彼も投手としてはそろそろ力が落ちてきてます。それをカバーするだけの体力はないですね。ですので来シーズン結果次第では引退もあり得ますね。再起をかけて来シーズンこそ今まで以上の結果を発揮してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です