日本人にとってもイギリス移住は厳しいのが現状

テロへの脅威や、移民によって経済が圧迫されているイギリスにとっては、ブレグジットによって難民移民が制限されるのはいいことだと思う。しかし、移民制度が厳しくなってなっているのは、利益や安全を求めてイギリスにやってくる外国人だけでなく、イギリス人配偶者をもつ外国人にまで強い影響をおよぼしている。つまり、夫がイギリス人なのでイギリスに引っ越そう、と思っても簡単に移住できない。イギリス人配偶者をもつ日本人の場合、結婚VISAを取得するために膨大な資料を集め、何十万もの費用を払い、英語の試験に合格しなければならない。申請費用は年々高くなっていて、イギリスに移住したいのにできない国際結婚家族がたくさんいる。VISAの取得は本当に厳しく、弁当の角をつつくようにアラをさがして、リヒューズされる。そしてまた高額な申請費を払う。私自身、ブレグジットには賛成だが、移民制度について、イギリス人配偶者の特別枠や、国別の対策をとってもいいと思う。ブレグジット後はルールがまた変更されると思うが、日本人がイギリスのVISAを取得するのにどれだけ大変なのか、金額がどれだけ高額なのかについてもぜひ報道してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です