サッカー日本代表、是非、ジャイアントキリングを?

この記事を読んでみるとハリル監督はやはりこの間の親善試合、1-3で日本が負けたブラジル戦のリベンジを強く熱望しているみたいですが、実は私もその意見には物凄く賛同しています。
もっと以前にも本田、香川率いる日本代表がブラジルと対戦(前回ワールドカップの前の親善試合)していてその時は0-4の大敗でした。
しかも大敗をしたのに関わらず試合後本田選手は記者に対して悔しがる処かスッキリした顔をしていて、あれ?何か違うのでは?と私は思った訳です。
強い処(サッカー界のアイドル的なとこ)と対戦だけ出来ればそれだけで良いのか?と思い、もっと悔しがって欲しいなと、そこで悔しがれないと
日本代表はまだ一皮向けることも出来ない様な気がしたのです。
これも悔しいですが、昔ブラジルではサッカー下手な人をジャッポネーゼ(日本人)など言って馬鹿にされていた時期もありました。
なのでそろそろ本番で世界の強豪国に一泡吹かせて欲しいなと、本当にジャイアントキリングを演じて欲しいなと私は強く思いました。
そしていよいよ2日午前0時からサッカーロシアワールドカップ2018の抽選会が始まります。
例えブラジルと当たれなくてもフランス、ドイツなどの格上相手でもあまり難しいことを考えず、ひたむきに、時には泥臭く闘争心、執念を感じる試合を是非見せて欲しいですね。
頑張れニッポン! 以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です